ensoku.

青森市美容室ensoku.のホームページです。

読みやすさのテスト

ヘアーメニュー

CUT PERM COLOR TREATMENT HEADSPA OTHER
ヘアーメニュー

まつげパーマ

★アップワードリフト★
従来のまつ毛パーマの原理で還元と酸化に化粧品登録済目元セッティング剤を使用した 特許技術の次世代まつ毛パーマです

まつげパーマ
最新の光脱毛

最新の光脱毛

女性がいつまでも綺麗で輝き続けるために。

青森県内初登場の最新美容機を導入しました。様々な最新機器で効率よくあなたの美しさを最大限に引き出します。

また痛くない永久脱毛も最新機器で短期間で最大限の効果を目指します。

毛深くてお悩みのお子様にも施術できますのでお気軽にご相談ください。

エステメニュー

エステメニューは「身体を温めるコース」、「痩身コース」、「お悩み別フェイシャルコース」 の3種類からお選びいただけます。

心と身体が喜ぶ、温もりのある癒しと”結果”を追究したエイジングケアサービスを提供します。

深部加温マシーンを使い身体の奥深くにまで熱を届け、芯から温め身体の中から優しく包み込むような心地よい温感でとてもリラックスできます。心地よくて効果が期待できるまさに極上トリートメントで心も身体も癒されます。
セルケアマシーン(キャビテーション)で頑固な脂肪やセルライトも驚くほどの柔らかさに!?柔らかくなることで痩せやすい体質を目指します。個人差はありますが、施術後も継続するキレイ効果で、しっかりとアプローチします。理想のボディメイキングをサポートします。
ラジオ波を使った『小顔コース』や、生まれたてのような素肌に導く光フェイシャルで『シミ』『美白』『若返り』『ハリ』『ニキビ』『吹き出物』などのお悩み別に光の波長を変えて、ターゲットへ明確なアプローチをして、多くの肌トラブルの悩み解決をサポートします。
0体験人数累計
0リピート率
0Yen/10分
0満足度

お客様の声

これは専用のショートコードでどこにでも表示できるPRボックスコンテンツです。HTMLタグやショートコードも利用できます。アイコンか任意の画像を表示できます。
これは専用のショートコードでどこにでも表示できるPRボックスコンテンツです。HTMLタグやショートコードも利用できます。アイコンか任意の画像を表示できます。
WordPress
Good at!
CSS
70%
Javascript
58%
%
WordPress
%
Static Site
%
SEO Analytics
%
Daily Maintenance
Widget Area For PC
( Free space )

スタンダード形式 : アイキャッチ交互表示可能

たくさんのトラックバック
たくさんのトラックバックがある投稿。吾輩は猫である。名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しか...
レイアウトテスト
ピックアップ
17680 views
Digipressテーマの文字や各種標準的なHTMLタグの表示テストです。あなたがつくりたいサイトのイメージに照らし合わせながらご覧ください!

ブログ形式

ポートフォリオ形式 : 4カラム、ホワイトオーバーレイ

マガジン形式1 : 2〜4カラム対応

レイアウトテスト
ピックアップ
17680 views
Digipressテーマの文字や各種標準的なHTMLタグの表示テストです。あなたがつくりたいサイトのイメージに照らし合わせながらご覧ください!

マガジン形式2

画像テスト
様々なレイアウトを考慮した画像配置や画像サイズの表示テストです。DigiPressは美しいだけでなく徹底した表示要件にも配慮されています。

スライダー形式 : カルーセルの場合

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。

掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶だ。その後猫にもだいぶ逢ったがこんな片輪には一度も出会わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙を吹く。どうも咽せぽくて実に弱った。これが人間の飲む煙草というものである事はようやくこの頃知った。

この書生の掌の裏でしばらくはよい心持に坐っておったが、しばらくすると非常な速力で運転し始めた。書生が動くのか自分だけが動くのか分らないが無暗に眼が廻る。胸が悪くなる。到底助からないと思っていると、どさりと音がして眼から火が出た。それまでは記憶しているがあとは何の事やらいくら考え出そうとしても分らない。
ふと気が付いて見ると書生はいない。たくさんおった兄弟が一疋も見えぬ。肝心の母親さえ姿を隠してしまった。その上今までの所とは違って無暗に明るい。眼を明いていられぬくらいだ。はてな何でも容子がおかしいと、のそのそ這い出して見ると非常に痛い。吾輩は藁の上から急に笹原の中へ棄てられたのである。

ようやくの思いで笹原を這い出すと向うに大きな池がある。吾輩は池の前に坐ってどうしたらよかろうと考えて見た。別にこれという分別も出ない。しばらくして泣いたら書生がまた迎に来てくれるかと考え付いた。ニャー、ニャーと試みにやって見たが誰も来ない。そのうち池の上をさらさらと風が渡って日が暮れかかる。腹が非常に減って来た。泣きたくても声が出ない。仕方がない、何でもよいから食物のある所まであるこうと決心をしてそろりそろりと池を左りに廻り始めた。どうも非常に苦しい。そこを我慢して無理やりに這って行くとようやくの事で何となく人間臭い所へ出た。

ここへ這入ったら、どうにかなると思って竹垣の崩れた穴から、とある邸内にもぐり込んだ。縁は不思議なもので、もしこの竹垣が破れていなかったなら、吾輩はついに路傍に餓死したかも知れんのである。一樹の蔭とはよく云ったものだ。この垣根の穴は今日に至るまで吾輩が隣家の三毛を訪問する時の通路になっている。さて邸へは忍び込んだもののこれから先どうして善いか分らない。そのうちに暗くなる、腹は減る、寒さは寒し、雨が降って来るという始末でもう一刻の猶予が出来なくなった。仕方がないからとにかく明るくて暖かそうな方へ方へとあるいて行く。今から考えるとその時はすでに家の内に這入っておったのだ。

ここで吾輩は彼の書生以外の人間を再び見るべき機会に遭遇したのである。第一に逢ったのがおさんである。これは前の書生より一層乱暴な方で吾輩を見るや否やいきなり頸筋をつかんで表へ抛り出した。いやこれは駄目だと思ったから眼をねぶって運を天に任せていた。しかしひもじいのと寒いのにはどうしても我慢が出来ん。吾輩は再びおさんの隙を見て台所へ這い上った。すると間もなくまた投げ出された。吾輩は投げ出されては這い上り、這い上っては投げ出され、何でも同じ事を四五遍繰り返したのを記憶している。その時におさんと云う者はつくづくいやになった。この間おさんの三馬を偸んでこの返報をしてやってから、やっと胸の痞が下りた。吾輩が最後につまみ出されようとしたときに、この家の主人が騒々しい何だといいながら出て来た。下女は吾輩をぶら下げて主人の方へ向けてこの宿なしの小猫がいくら出しても出しても御台所へ上って来て困りますという。主人は鼻の下の黒い毛を撚りながら吾輩の顔をしばらく眺めておったが、やがてそんなら内へ置いてやれといったまま奥へ這入ってしまった。主人はあまり口を聞かぬ人と見えた。下女は口惜しそうに吾輩を台所へ抛り出した。かくして吾輩はついにこの家を自分の住家と極める事にしたのである。

Widget Area For PC
( Free space )

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Widget Area For PC
( Free space )

Carousel Slider

Parallax with Panels

Access Map